イポーの筋骨格系の専門医Dr.Yeakのご紹介

2015年3月31日(火)


イポーのパンタイ病院の中に、東方と西方を合弁した筋骨格系の専門医であるDr.Yeakがいらっしゃいます。勿論他にもいろいろな専門医がいらっしゃいます。こちらでご紹介したいのはDr.Yeakです。当社はロングステイヤーの会員をDr.Yeakのクリニックにご案内したのは
7回以上だと思います。お世話になった患者さんは骨折、坐骨神経痛、脊椎すべり症 、腰椎分離症
から生じた痛みに対する診断と治療 を受けました。Dr.Yeakは痛みを抱えている患者さんに対してまず、レントゲンを取るように要求します。同じ病院の中にレントゲン室がありますので便利です。レントゲンの結果によってこれまで見たDr.Yeakの治療法はリハビリや注射や薬の服用などでした。患者さんはすべて回復しました。
万が一、これらの治療法でも症状が消えなければ、
Dr.Yeakは東方の治療法でバックアップし針灸を行うことにするという説明を頂きました。
東方と西方の医学に精通したDr.Yeakは正にロングステイヤーの宝です。

Dr. Yeak

3月の美食ツアー

2015年3月23日(月)


3月21日(土)の美食ツアーに11名様が参加されました。
10時10分にメルバレーを出発しTasikにある中国とマレーの融合したモスクに見学にご案内しました。
モスクのマレー名はMasjid Muhammadiah, 中国名は清真寺です。モスクの外観では中国のお寺のような感じですが、中に入ったらモスクになっています。モスクはムスリムがお祈りをする聖地の場所であると認識しており、ムスリムではない人の見学や訪問を歓迎してくれるのです。
これはマレーシアの素晴らしさです。マレーシアはムスリム国家と言いながら、他のムスリム国家より考え方がオープンのように感じられます。こちらでロングステイをされている方は毎日ゴルフやグルメや周辺の小旅行をし穏やかな生活をされているようです。世界新聞で言われているあるイスラムの国の悪行為はマレーシアで見えないことです。マレーシアはそういう行為を認めないので、皆さんも安心してこちらでロングステイをして頂きます。

融合したモスクの見学の後、もう一つ『東華洞』という鍾乳洞へご案内しました。皆さんはお寺の階段を登り、頂上でしばらくイポーの山の風景を観賞してから階段を降りてMHホテルへ向かいました。皆さんとも健脚で羨ましいです。

12時20分頃MHホテルに到着し、皆さんもお腹がヘリ、さっそくバイキングを始めました。
こちらのバイキングはシニア価格RM14で数十種類の食べ物が食べられます。
ホテルが言うには、シニア価格は本来マレーシア人が対象なのですが、今回我々のグループが11名様のため、特別にRM14/1名様をしていただきました。ラッキー!
皆さんはすべてのメニューを賞味し楽しい話もし、8名様が来週また行きたいと話しました。
もちろん来週もRM14/1名様と交渉できました。最後に皆さんはアイスクリームをもらって、デザートタイムを終えて2時頃に帰宅されました。

0321 - Copy 0321 (2) - Copy 0321 (3) - Copy 0321 (4) - Copy 0321 (5) 0321 (6) 0321 (7) - Copy DSC_0819 - Copy

イポー短期ステイの感想について By武井

2015年3月9日(月)


Takei - Copy 今回イポーに一ヶ月滞在しましたが、イポーは夫婦でゴルフをするのには、最高のところだと思います。手引きのカートであれば一ヶ月毎日好きなだけゴルフをしても、1550RMで出来るところは世界中(?)でもまずないと思います。日本であればメンバーでも、一回数千円から1万円はかかります。家内もゴルフを始めて間もないですが、こちらで実践ゴルフが出来大変喜んでいます。

物価や食費はKLのほぼ半分。
食事はとにかくKLの半分またはそれ以下で安くて美味しいです。家賃も半分ですね。
またゴルフ用品等も日本で買うよりほぼ半値かそれ以下で買えると思います。

楽しかった昼食のグルメ時間
グロリアさんに紹介いただいた、丹羽さんご夫妻にはゴルフ終了後、たくさんの美味しくて安いところにつれていっていただきました。
深谷さんご夫妻、柏原さんご夫妻とともに、食事をしながら、イポーやマレーシアや医療やその他いろいろなお話が聞けて楽しい時間がすごせました。
私たちみたいな初めての短期ステイの者は、食事も買い物も何処へ行ったらいいのか分かりません。丹羽さんご夫妻は美味しい食事の場所、買い物の場所(スーパー、果物屋、パン屋等)、パーキングクーポンの使い方、名所旧跡等いろいろと親切に案内していただきました。
この時間はわれわれのストレス開放や情報収集に大変助かりました。

日本語のカーナビにびっくり
海外で初めて自分で運転しましたが、レンタカーについていた日本語のカーナビは大変助かりました。あれはこちらに来て外出するときは必需品です。
あれがあったので、KLやキャメロンハイランドにも行って来れました。

マレーの人はいい人が多かった。
すんでいたアパートや町でいろいろ分からないときに訪ねても、親切に教えてくれました。
いやな思いをしたことはありませんでした。

次に困ったこと
1.音がつらかった。明け方のコーラン、夜や夜中の車やバイクの騒音、爆竹(中国人正月のため)等とにかく騒音が多く、やや睡眠不足になった。コーランや爆竹はマレーシアで生活するにはしょうがないのですが・・・・。一ヶ月の短期ステイの者はなれる前に帰国になリます。
もう少しいればなれるでしょうが・・・。
2.車の運転が荒っぽい。でも一ヶ月毎日運転していたらなれたけどやはり神経は日本以上に使いました。

でも、また機会があればイポーに行きたいです。

グロリアさん、今回の短期ステイではいろいろありがとうございました。大変楽しい一ヶ月を過ごさせていただきました。