マレーシアの滞在を終える (その 3 日本人同士のトラブルについて(詐欺行為も含めて)   By菅田

11月17日(月)2014年


Salvation1 (5)

この9年間楽しい思い出が多くありましたが、嫌なことも多々ありました。
日本人は東日本大震災の時に見せた素晴らしい国民性とは別に独特の嫌な国民性も併せて持っていることを痛感するこの9年間でした。
一番の事件はやはり日本人による詐欺事件でした。
元パイロットと称したK氏は、マレーシア政府や王族関係者から壮大な事業を託されて、プライベートジェット機の空港と運航事業に将来莫大な利益が出るので投資をするようにとの話でした。私は何度もこの人間と我が家で食事をしたり、麻雀をしていたので、この人間の素性は分らないなりに、観察していてとてもそんな大きな仕事ができる人間には見えなかったので、話には乗りませんでした。
しかし、私の親しい友人2人がなんとこの男に騙されてしまい、1人は一流企業の退職金以上の大金を投資していまい、あと1人は滞在費用のお金500万円を騙されてしまい失ってしまいました。
結局、この人間はやくざまがいの取り立てやが、このメルの彼の家にも来たので、どこかに雲隠れしてしまいました。

もう一つの件は、NPOと称してロングステイヤ―のお世話をするという目的で、人を集めてこのマレーシアの各地を訪問するというものです。その後、このメルに住みながら日本人相手に
仕事をしようと企てていました。
活動的で、能力もあり私も色々とお世話になったのですが、そのやり方が余りに詐欺的ですぐに距離を置きました。
しかし、その後も何人もの日本人に実際の費用より多額の水増しをして請求しているのが分かり、一度我が家に呼んで、問いただしました。被害者の方から実情を聞き、差額を返却するように話しました。
結局、しぶしぶ差額を返却し、このメルには居られなくなり アイオーアイの方に移って行きました。

こうした日本人による日本人相手の詐欺はかってKLで住宅を購入する際に2000万円騙された例や、ペナンでは賭博に誘われて大金を取られたなどの例がありますが、このイポでも起きたということは、頻繁に起きる可能性があると言うことです。
最近耳にしたのは、やはりロングステイヤ―の先輩としてなんでも相談に乗るように誘い、世話をして謝礼を要求する人間がまた出てきたと言うので、要注意です。
家の賃貸契約や生活上の問題など、最初に来ると全く分からないと言う弱みに付け込んだ卑劣な行為です。
こうした問題は専門の会社(ハイビスカス)があり、あとのトラブルの解決にも迅速に対応してくれるので、いたずらにこうした怪しい人間には依頼しない方が賢明です。
まず、親切そうに近寄って来る人間には注意が必要です。どんな人間か周囲の人の意見を確認してから付き合うかどうか決める方が無難です。
本当に親切な方もいます。違いは謝礼やお金の話をする人かどうかです。
どうか、貴重な第二の人生を楽しく過ごすために、こうした嫌な事件に巻き込まれないように
してください。

マレーシアの滞在を終える (その2 マレーシア経済と今後ロングステイ生活)  By菅田

11月10日(月)2014年


11月10日(月)

この9年間のマレーシアの経済の発展ぶりを見てきて、兎に角驚いたのは住宅建設のスピードとスケールの大きさです。
最初は、KLでの住宅バブルが起こり、そしてジョホールバルの国策としての街作り、そしてその影響はイポにまで広がり、周りの風景が全く変わり群生林が住宅地へと変貌しています。
(最近特に暑くなり気候が変化した理由が多くの緑が失われたことにあります)
この住宅ラッシュは来年の消費税6%引き上げ前の駆け込み需要も加わり、現在の状況は
正にバブルです。住宅資材の不足がコストアップになり、小さな建設会社では調達できずに
建設がストップしているところもあります。
家が完成するまで、こちらでは平均1年はかかりますが、メルの中で4~5年かけてまだ完成しない家が2~3件あります。
現首相の所得倍増計画の推進により、ローカルの人々の生活水準も上がりました。
お陰で、私の家も8年前に購入しましたが、購入価格より高く売れ、日本の不動産状況では
考えられない状況です。
しかし、物流コストのガソリンが1.9から2.3になり、物価もかなり上がり、今後は円安状況下では、ロングステイヤ―にとっては逆風になってしまいます。
年金で容易に暮らせるなどという状況ではなくなるでしょう。ましてKLの坂本さんが10年前に提唱した月6万円で暮らせる国などと言うことはとんでもない夢物語になります。
マレーシアとしても、国の収入を増やすためと、住宅バブルを冷やすために、今年1月から住宅のキャピタルゲインの税金も20パーセント引きあげ、外国人からも税金を取るようになりました。MM2Hの住宅に関しても同様ですので、今後は住宅取得で利益を得るのも難しくなります。
預金金利も私達が来た時は4%以上でしたが、今は3~3.2パーセントとなりました。それでも日本の国と日銀の詐欺的政策金利に比べれば、天国です。

しかし経済の成長はいつまでも続くものではなく、中国がそろそろ失速し、今後はミャンマーカンボジア、ベトナムへとシフトしていく中で、この大好きなマレーシアも来年の消費税引き上げとともにベクトルが下がり始めるのは自明の理であることは、歴史が証明することでしょう。
ただ、救いなのはこの国は子どもの数が多く、また国は教育に熱心で義務教育にお金をかけているので、これこそが次の時代を築くと感じています。
観光だけでなく、教育面[インターナショナルスクール)で海外や日本から人を呼び寄せる力があります。
総じて感じるのは、マレーシア航空の2度に渡る不幸な出来事がありましたが、その分エアアジアの頑張りで益々便利になりロングステイヤ―が減ることはないと思います。

マレーシアの滞在を終える (その1 素晴らしきプレースタイルの藤村さん)  By菅田

11月1日(土)2014年


11月1日(土)2006年にマレーシアに来て、すぐにイポに滞在して9年になろうとしています。この間多くの人の御世話になり、今日を迎えました。
特にハイビスカスのグロリアさんには生活の全てにわたり助けていただき、本当に感謝しています。ゴルフビスタの社員からハイビスカスを立ち上げ、今日成功するまでの苦労と努力に並みの能力では出来ないことと感心しています。
また、イポにはいたる場所で日本語を喋るローカルの人が多く、大変助かりました。我が尊敬するマハティールさんのルック・イーストの恩恵によるもので、日本へ留学する人がイポには多かったと聞いています。

マレーシアが今日ではロングステーの人気NO1になるのも納得です。
特にゴルフする人々にとっては、此処は正に天国かも知れません。ただ、プレー費用が安く出来ることは、その分プレーヤーの質もあまり良いとは言えません。
基本的なゴルフのマナーやルールを学んでいないプレーヤーが多く、ショットした後のデイボット跡を直さないプレーヤーが相変わらず多いことや、服装がゴルフに適していない人も多く
ゴルフと言うスポーツの原点を見直して欲しいと思います。

その中にあって、何時も藤村さんのプレースタイルは素晴らしく、感心しています。
常にバケツに砂を入れて持ち歩き、自分のディボット跡だけでなく、他の人のものまで、ちゃんと砂を入れて直してプレーしています。
私達は直接一緒にプレーしたことはありませんが、ロイヤルでもメルでもすれ違ったときに、その光景を目にして、家内と何時も話しています。素晴らしきプレーヤーだと。
本人に言わせれば、当たり前の事をしているだけと、答えると思います。でも当たり前の事が出来ない人が多いのです。
また、残念なことにこうしたプレーヤーと一緒に回った人でも、後に続く人が出ません。
私達も常にこのことの大切さを思い、キャディとともに一緒にディボット跡に砂を入れるように
頑張りますが、余りの多さにがっかりします。
かって、メルバレーとキンタゴルフ場にバケツ各100個ずつ買ってプレゼントしましたが、2~3ヶ月で無くなってしまい、質の悪さにビックリしました。

どうか、これからでもこうして気持ちよくプレーをする為にも、皆が協力して綺麗なゴルフ場に
するようにして欲しいと思っています。

菅田さん、2006年にメルバレーでお二人と出会って、楽しい一時ができました。
それから会社の立ち上げにあたってハイビスカスの第1号会員となってくださり、9年間のご支援とご愛顧を賜り、本当に有難うございました。その間もいろいろなアドバイスを頂き、お陰さまでハイビスカスも9歳になり今日はロングステイヤーの生活サポートに活躍しております。
どうかこれからの日本での事業が成功するようにハイビスカス一同お祈りいたします。